• インドネシア企業会社調査
  • フリーダイヤル0120-280-050海外通話 +8148-284-3101

UPDATE: 2019-07-24 15:30:13

JPY
JPY
IDR
IDR

129.68532

UPDATE: 2019-07-24 17:16:46

IDR
IDR
JPY
JPY

0.00770

インドネシア=商標・著作権問題

  • ご不明な点
  • お問合せ

商標・著作権問題

自社の商品やマスコットキャラクター、ロゴ、看板、ホームページに掲載した画像や文書などが、あたかも対象社の自社商品として盗用されるといったトラブルは、インドネシアからも度々報告されます。

国民性からか、商標や著作権に対してのルーズさは目立つところで、既に多くの日系企業主様より報告を頂いております。こういったトラブルを野放しにしておくことで、自社の繁栄や売上の伸びにダイレクトに影響してくることもあります。
トラストジャパンは、インドネシアにおける商標・著作権問題に対応しております。

商標・著作権問題

インドネシアの”パクリ営業”

日本の飲食業界や家電業界は、インドネシアでも大変人気です。しかし、時折この人気に便乗した”パクリ営業”が展開されています。たとえばある日本の大手ファーストフード店がインドネシアに進出した際、看板やメニューがそっくりなお店が現地で生まれた事例もあります。

また、構造や色、パッケージなどがそっくりな家電製品などが販売されることも少なくありません。インドネシアでビジネスを行ううえでのモラルと秩序を保っていくためにも。このような問題は野放しにするわけにはいきません。商標や著作権問題でお悩みの事業主様、企業主様は一度ご相談下さい。

インドネシアの”パクリ営業”
  • レスポンス
  • お問合せ
sns

無料通話アプリで相談!
ID:tanteisoudan